看護師に必要な心構えとは

高齢化などに伴い、今まで以上に看護師の需要が高まってきていますが、誰でも簡単になれるわけではありません。きちんと学校に通い、技術を身に付け、責任感というものを学び、患者さんに寄り添う心を育てて初めて看護師という職に就くことが可能になります。

看護師に必要とされる「心構え」とは、一体どのようなものなのでしょうか。看護師の仕事というのは、患者さんの命や病気と深く関わる仕事です。ですので、ほんの少しのミスも許されません。なぜならそれは尊い人命に直結してしまうからです。いくら仕事に追われているからといって、それがおざなりになってはいけませんし、職務内容の重要性をきちんと考えながら動かなくてはいけないのです。

しかも医療というのは日々進歩しているため、その都度きちんと勉強して知識を増やしていかなければなりません。そしてさらに重要なこと、それは「死」と隣り合わせの場所で働いているということです。どれだけ努力をしても報われないこともあります。自分の受け持ちの患者さんが亡くなってしまった時などには、深い喪失感を味わうこともあるでしょう。しかし、そこでいつまでも落ち込むわけにはいきません。まだ治療を待っている人たちが山のようにいるのです。全体的な視点を持ち、喪失感をひきずることなく冷静に考える能力が必要になってくるのです。尚且つ、亡くなった方の御家族の心のケアなども忘れてはいけません。それをサポートするのも、看護師の重要な役割なのです。

オススメリンク>>>《医療従事者としての心構えを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です